スピルリナ : 栄養素の宝庫ともいうべき食用藻の一種



amazlet 検索結果
スピルリナ
栄養素の宝庫ともいうべき食用藻の一種
スピルリナ の 説明
スピルリナとは、食用の藻の一種である。特に、タンパク質が60〜70%と豊富に含まれていることが特長である。ちなみに、タンパク質の含有率が高いと言われている食品例を示すと、プロセスチーズ23%、牛ひき肉18%、豆腐5%、牛乳3%である。いかにスピルリナが高いタンパク質含有率を持っているかがわかる。鉄分については、スピルリナ100g中に約100mg含まれているほか、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、亜鉛、コバルト、セレンなどの微量元素も含まれている。海藻に多いヨードは、スプルリナからは検出されないので、ヨード制限されている人でもとることができるのである。
スピルリナ の 効能・効果
スピルリナは、アルカリ性食品で葉緑素を含んでいるため、胃潰瘍、慢性胃炎、十二指腸潰瘍に効果がある。また、レバーよりも鉄分を多く含んでいるため、貧血を改善する。ビタミンについて見てみると、ビタミンB1・B2・B6などを含んでいるので、糖尿病を予防、改善する働きについても期待できる。さらに、これらの豊富なビタミンに加え、タンパク質も含むので、肝臓の機能を向上することができる。また、スピルリナの栄養素は一般食品に比べてその細胞壁が柔らかく、消化・吸収がよいのが特長である。そのため、糖尿病やダイエットでエネルギー制限をしている人や肝臓病などで効率よく栄養を補いたい人にとっては、好都合な補助食品といえるが、サプリメントで摂取することが基本になる。
スピルリナ を多く含む食品など
スピルリナとは、タンパク質やビタミンなどが豊富な食用藻の一種。

こちらから スピルリナ 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

スピルリナ
栄養素の宝庫ともいうべき食用藻の一種
スピルリナ の 説明
スピルリナとは、食用の藻の一種である。特に、タンパク質が60〜70%と豊富に含まれていることが特長である。ちなみに、タンパク質の含有率が高いと言われている食品例を示すと、プロセスチーズ23%、牛ひき肉18%、豆腐5%、牛乳3%である。いかにスピルリナが高いタンパク質含有率を持っているかがわかる。鉄分については、スピルリナ100g中に約100mg含まれているほか、カリウム、カルシウム、マグネシウム、マンガン、亜鉛、コバルト、セレンなどの微量元素も含まれている。海藻に多いヨードは、スプルリナからは検出されないので、ヨード制限されている人でもとることができるのである。



スピルリナカテゴリ内の記事一覧

健康食品ランキング

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved
  • SEOブログパーツ


seo great banner