マリアアザミ : 欧州で愛用されてきた伝統のハーブ

amazlet 検索結果
マリアアザミ
欧州で愛用されてきた伝統のハーブ
マリアアザミ の 説明
ローマ帝国時代には強壮剤として食用されてきた、肝臓を守るための伝統的なハーブである。欧米だけでなく、漢方でも利用されているように、安全性が確認されている。薬剤などの化学物質による肝臓障害の予防に、特に効果がある。
マリアアザミ の 効能・効果
フラボノリグナン類が有効成分となって、肝臓保護機能作用が働く。アルコール性肝障害、肝硬変、ウイルス性肝炎や薬剤性肝障害などの予防と改善が望める。胃粘膜損傷抑制作用や抗ガン作用などもある。
マリアアザミ を多く含む食品など
ハーブそのものを入手することは難しい。これに由来したサプリメントなどを用いることが一般的である。

こちらから マリアアザミ 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

マリアアザミ
欧州で愛用されてきた伝統のハーブ
マリアアザミ の 説明
ローマ帝国時代には強壮剤として食用されてきた、肝臓を守るための伝統的なハーブである。欧米だけでなく、漢方でも利用されているように、安全性が確認されている。薬剤などの化学物質による肝臓障害の予防に、特に効果がある。



マリアアザミカテゴリ内の記事一覧

カテゴリー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved