グルコサミン : 関節のクッションである軟骨を守る



amazlet 検索結果
グルコサミン
関節のクッションである軟骨を守る
グルコサミン の 説明
グルコサミンは、軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種である。変形性関節症などの関節炎の症状に効果を示し、コンドロイチンと併用されることが多い。日本では健康食品として摂取されているが、ヨーロッパでは薬品として認可されていて、アメリカではグルコサミン療法が一大ブームを巻き起こした。
グルコサミン の 効能・効果
グルコサミンは、もともと多くの動物の体内に分泌している成分で、ひじ・ひざ・腰などの関節でクッションの働きをする軟骨を、健康な状態に保つ大きな役割がある。しかし、激しい運動や、肥満による部分的なストレス、また年齢を重ねることで減少してしまうのである。グルコサミンを摂取すれば、長年の酷使により軟骨がすり減り、骨と骨がこすれるために起こる関節症を予防、改善してくれる。
グルコサミン を多く含む食品など
カニ、エビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質を分解して得られる成分なので、サプリメントなどで摂取する。

こちらから グルコサミン 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

グルコサミン
関節のクッションである軟骨を守る
グルコサミン の 説明
グルコサミンは、軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種である。変形性関節症などの関節炎の症状に効果を示し、コンドロイチンと併用されることが多い。日本では健康食品として摂取されているが、ヨーロッパでは薬品として認可されていて、アメリカではグルコサミン療法が一大ブームを巻き起こした。



グルコサミンカテゴリ内の記事一覧

健康食品ランキング

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved
  • SEOブログパーツ


seo great banner