コンドロイチン : 関節を保護し、ひざ痛を緩和する成分



amazlet 検索結果
コンドロイチン
関節を保護し、ひざ痛を緩和する成分
コンドロイチン の 説明
コンドロイチンとは、ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味がある。ネバネバした成分であるムコ多糖類の一種で、関節軟骨などを構成するものである。
コンドロイチン の 効能・効果
コンドロイチンが十分にあれば、関節炎やアキレス腱、心臓の弁膜、角膜といった組織の細胞が活性化される。さらに、再生しながら損傷や老化を防いでくれるという効果も期待できるが、年齢を重ねると体内での合成能力が落ちるため、サプリメントからの補給は欠かせない。コンドロイチンを摂取すれば、ひざ痛をはじめとする関節炎や変形性関節症を改善できる。肌の保湿効果、更年期の不快症状の緩和、生活習慣病の予防などにも好適で、いびきを減少させたという報告もされている。
コンドロイチン を多く含む食品など
食品から摂取することは難しく、各種サプリメントなどから補給することが効率がよい。グルコサミンとの併用が効果的である。

こちらから コンドロイチン 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

コンドロイチン
関節を保護し、ひざ痛を緩和する成分
コンドロイチン の 説明
コンドロイチンとは、ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味がある。ネバネバした成分であるムコ多糖類の一種で、関節軟骨などを構成するものである。



コンドロイチンカテゴリ内の記事一覧

健康食品ランキング

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved
  • SEOブログパーツ


seo great banner