植物ステロール : コレステロールを吸収して体外に排出



amazlet 検索結果
植物ステロール
コレステロールを吸収して体外に排出
植物ステロール の 説明
植物ステロールとは、果実、野菜、植物油、ナッツ、穀類に含まれているステロールという成分の総称である。おもなものに、スチグマステロール、ベータシトステロール、カンペステロールなどがある。
植物ステロール の 効能・効果
植物ステロールには、食物に含まれるコレステロールを体内に吸収されにくくする働きがある。食べ物に含まれるコレステロールは、胆汁酸と結合して小腸で吸収されるが、植物ステロールは、コレステロールのかわりに胆汁酸と結びつく。これは植物ステロールとコレステロールの構造が似ているためである。これによって、コレステロールの吸収が阻害さえ、吸収されなかったコレステロールは、便となって体外に排出される。その結果、血中のLDL(悪玉)コレステロールを低下させてくれるのである。
植物ステロール を多く含む食品など
一般的な食事からの摂取量は、一日あたり100〜300mg程度。サプリメントで補給するほうが、効率よく摂取できる。

こちらから 植物ステロール 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

植物ステロール
コレステロールを吸収して体外に排出
植物ステロール の 説明
植物ステロールとは、果実、野菜、植物油、ナッツ、穀類に含まれているステロールという成分の総称である。おもなものに、スチグマステロール、ベータシトステロール、カンペステロールなどがある。



植物ステロールカテゴリ内の記事一覧

健康食品ランキング

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved
  • SEOブログパーツ


seo great banner