タウリン : 生活習慣病を予防する現代人の強い見方

amazlet 検索結果
タウリン
生活習慣病を予防する現代人の強い見方
タウリン の 説明
タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、化学名は「アミノエチルスルホン酸」。体内には体重の約0.1%のタウリンがあり、心臓や肝臓、血液などの働きを助ける、生命活動を維持するのに不可欠な成分である。食品では、おもに貝類、イカやタコ、魚の血合いなどに豊富に含まれる。
タウリン の 効能・効果
タウリンには、肝臓でコレステロールから生合成される胆汁酸の分泌を促す作用があり、肝細胞の細胞を促進する。血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させて血液をサラサラにする働きもあり、動脈硬化の予防に一役買っている。また、心筋の収縮力を高めて心臓機能を強化する、交感神経を抑制して血圧を正常に保つ、インスリンの分泌を盛んにして血糖値を下げるといった作用があり、心臓病、高血圧、糖尿病などの予防に効果を発揮する。
タウリン を多く含む食品など
サザエ、トコブシ、ホタテ、アサリ、カキ、タコ、イカ、ズワイガニ、マグロやサバの血合いなど。

こちらから タウリン 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

タウリン
生活習慣病を予防する現代人の強い見方
タウリン の 説明
タンパク質を構成するアミノ酸の一種で、化学名は「アミノエチルスルホン酸」。体内には体重の約0.1%のタウリンがあり、心臓や肝臓、血液などの働きを助ける、生命活動を維持するのに不可欠な成分である。食品では、おもに貝類、イカやタコ、魚の血合いなどに豊富に含まれる。



タウリンカテゴリ内の記事一覧

カテゴリー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved