チャーガ : βグルカン含有量がキノコ類で最多

amazlet 検索結果
チャーガ
βグルカン含有量がキノコ類で最多
チャーガ の 説明
チャーガは、ロシアを中心とした寒冷地で採取されるキノコ類の一種。日本でも北海道で確認され、「カバノアナタケ」「白樺茸」などと呼ばれている。
チャーガ の 効能・効果
病気に対する力である、免疫力を高めるβグルカンが豊富に含まれている。また、高い抗酸化作用を持つことから、抗ガン作用、抗腫瘍作用がある。チャーガのβ−グルガン含有量は、アガリクスや霊芝と同等かそれ以上。キノコ類で最多と考えてもよい。また、エルゴステロールなどの脂溶性成分も抗ガン作用を発揮する。さらに、抗酸化作用についても、ほかのキノコと比べても非常に高い活性を持っている。最近では、抗ヒスタミン作用や抗ウイルス作用についても指摘されている
チャーガ を多く含む食品など
チャーガに由来したサプリメントを摂取することが効率的。ただ、一般的に品質の差が大きいことは否定できないので、医師に相談するか、信頼性の高いメーカーの製品を用いること。

こちらから チャーガ 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

チャーガ
βグルカン含有量がキノコ類で最多
チャーガ の 説明
チャーガは、ロシアを中心とした寒冷地で採取されるキノコ類の一種。日本でも北海道で確認され、「カバノアナタケ」「白樺茸」などと呼ばれている。



チャーガカテゴリ内の記事一覧

カテゴリー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved