テアニン : 癒し効果を持つ、緑茶のうまみ成分

amazlet 検索結果
テアニン
癒し効果を持つ、緑茶のうまみ成分
テアニン の 説明
テアニンとは緑茶特有の成分で、うまみ成分グルタミン酸に似た構造をしたアミノ酸の一種。お茶の木の根でつくられたテアニンは葉に移動し、日光に当たると渋味成分のカテキン(ポリフェノールの一種)にかわる。よって、日光をさえぎって育てた、てん茶(抹茶の原料)などの茶葉にはテアニンが多く含まれているのである。
テアニン の 効能・効果
テアニンをとることで、リラックスの指標となるα波(脳波の一部)を増加させ緊張や不安、イライラの指標となるβ波を減少させることから、心身をリラックスさせ作用がある。睡眠の質がよくなる、集中力が向上して仕事の効率が上がるなどのヒーリング効果がある。この効果のほかにも、血流を改善して高血圧を解消する効果、体温を上げて冷え症を防ぐ効果などが得られる。
テアニン を多く含む食品など
緑茶からも摂取できるが、眠りを妨げるカフェインも含まれているため、テアニンだけを効率よく摂取するにはサプリメントを用いるとよい。

こちらから テアニン 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

テアニン
癒し効果を持つ、緑茶のうまみ成分
テアニン の 説明
テアニンとは緑茶特有の成分で、うまみ成分グルタミン酸に似た構造をしたアミノ酸の一種。お茶の木の根でつくられたテアニンは葉に移動し、日光に当たると渋味成分のカテキン(ポリフェノールの一種)にかわる。よって、日光をさえぎって育てた、てん茶(抹茶の原料)などの茶葉にはテアニンが多く含まれているのである。



テアニンカテゴリ内の記事一覧

カテゴリー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved