ニンジン : 粘膜の強化に欠かせないカロテンがたっぷり

amazlet 検索結果
ニンジン
粘膜の強化に欠かせないカロテンがたっぷり
ニンジン の 説明
西アジアが原産地で、日本に渡来したのは16世紀頃である。栽培品種には東洋ニンジンと西洋ニンジンがあるが、日本の食卓でおなじみなのは、西洋ニンジンのほうである。緑黄色野菜の代表で、βカロテンを豊富に含み、さまざまな薬効があることでも知られている。
ニンジン の 効能・効果
ニンジンに含まれるβカロテンには、血行をよくしたり、老化やガンの原因とされる活性酸素を除去する働きがある。またβカロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変化するという性質を持っている。ビタミンAには粘膜や皮膚を丈夫にし、抵抗力をつける作用があるため、目の機能を高めて老眼や眼精疲労などを予防する効果をもたらす。さらに、食物繊維、ナトリウム、カリウム、ビタミンB群・C、鉄、カルシウムなどをバランスよく含んでいる。
ニンジン を多く含む食品など
ニンジン、ニンジンを使ったジュース、スープ、ジャムなど。

こちらから ニンジン 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

ニンジン
粘膜の強化に欠かせないカロテンがたっぷり
ニンジン の 説明
西アジアが原産地で、日本に渡来したのは16世紀頃である。栽培品種には東洋ニンジンと西洋ニンジンがあるが、日本の食卓でおなじみなのは、西洋ニンジンのほうである。緑黄色野菜の代表で、βカロテンを豊富に含み、さまざまな薬効があることでも知られている。



ニンジンカテゴリ内の記事一覧

カテゴリー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved