乳酸菌 : 腸内で働く善玉菌のスーパースター

amazlet 検索結果
乳酸菌
腸内で働く善玉菌のスーパースター
乳酸菌 の 説明
乳酸菌とは、乳酸やブドウ糖を利用して増殖し、糖を分解して乳酸を生み出す善玉菌の総称である。ビフィズス菌やアシドフィルス菌が代表的である。通常は、腸内細菌の20%ほどが乳酸菌であるが、加齢とともに腸内細菌の分布が変化し、悪玉菌が増えやすくなるのである。
乳酸菌 の 効能・効果
私たちの腸内には、約100種類100兆個以上の菌が存在するといわれている。人の体によい作用を持つものを「善玉菌」、好ましくない作用を持つものを「悪玉菌」と呼んで区別している。乳酸菌をとることで腸内細菌のバランスがよくなり、すばらしい整腸作用が得られる。下痢を防いだり、反対に便通をよくしたりするうえで欠かせない。さらに、アトピー皮膚炎の改善、カンジタ性膣炎の再発予防などに効果を発揮する。
乳酸菌 を多く含む食品など
ヨーグルトやチーズなどには、代表的な乳酸菌であるビフィズス菌やアシドフィルス菌が豊富に含まれている

こちらから 乳酸菌 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

乳酸菌
腸内で働く善玉菌のスーパースター
乳酸菌 の 説明
乳酸菌とは、乳酸やブドウ糖を利用して増殖し、糖を分解して乳酸を生み出す善玉菌の総称である。ビフィズス菌やアシドフィルス菌が代表的である。通常は、腸内細菌の20%ほどが乳酸菌であるが、加齢とともに腸内細菌の分布が変化し、悪玉菌が増えやすくなるのである。



乳酸菌カテゴリ内の記事一覧

カテゴリー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved