レシチン : 脳や肝臓の働きを高めるリン脂質の一種

amazlet 検索結果
レシチン
脳や肝臓の働きを高めるリン脂質の一種
レシチン の 説明
レシチンとは、脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質の一種で、細胞膜の主要な構成成分として、さまざまな機能を担っている。「ホスファチジルコリン」とも呼ばれている。
レシチン の 効能・効果
レシチンをサプリメントなどによって、摂取することで、肝臓や脳への効果が期待できる。レシチンは、アルコール性肝障害やウイルス性肝炎などに対して、肝機能を改善する。これは、レシチンからつくられる「コリン」という成分が、肝臓での脂質代謝(利用と排出)には欠かせないものであることに加え、肝機能を保護する作用を持っているからである。また、レシチンには、認知症や脳機能の異常に伴う認知障害に対しても効果的であるといわれている。
レシチン を多く含む食品など
レシチンは、脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質の一種である。

こちらから レシチン 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

レシチン
脳や肝臓の働きを高めるリン脂質の一種
レシチン の 説明
レシチンとは、脳や神経組織、肝臓に多く含まれるリン脂質の一種で、細胞膜の主要な構成成分として、さまざまな機能を担っている。「ホスファチジルコリン」とも呼ばれている。



レシチンカテゴリ内の記事一覧

カテゴリー

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved