ウコン : カレーでおなじみの香辛料



amazlet 検索結果
ウコン
カレーでおなじみの香辛料
ウコン の 説明
インド原産のショウガ科の植物であるウコンは、カレーなどの香辛料や食用色素として用いられている。英語では「ターメリック」という。日本では、沖縄で琉球王朝の時代から親しまれ、「肝臓の薬」とも呼ばれている。春ウコン、秋ウコン、紫ウコンなどの種類がある。
ウコン の 効能・効果
ウコンの主成分であるクルクミン(黄色色素)には、強い抗酸化作用や解毒作用があり、さまざまな生活習慣病の予防に効果があるとされている。ウコンは、食欲不振を解消する上でも役に立つのである。また、肝臓の働きを助け、アルコールの負担から肝機能を守る作用がよく知られている。強い抗酸化作用を持ち、ガンなどの生活習慣病を予防する。
ウコン を多く含む食品など
ウコンを粉末に加工したものを、おもに香辛料として用いることが一般的である。

こちらから ウコン 情報コメントを「コピー」することが可能です。貴方のホームページやブログでご利用頂けます。
但し内容の改変等は禁止しております。ご協力下さい。

ウコン
カレーでおなじみの香辛料
ウコン の 説明
インド原産のショウガ科の植物であるウコンは、カレーなどの香辛料や食用色素として用いられている。英語では「ターメリック」という。日本では、沖縄で琉球王朝の時代から親しまれ、「肝臓の薬」とも呼ばれている。春ウコン、秋ウコン、紫ウコンなどの種類がある。



ウコンカテゴリ内の記事一覧

健康食品ランキング

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

Copyright © 2007 みんなの健康食品. All rights reserved
  • SEOブログパーツ


seo great banner